ブログトップ

2018.02.01 春を求めて

全国に先駆けて長良川中央管内で渓流釣りが解禁を
迎えた。暦の上はるを示す立春には少しばかり早いが
春を求めて長良川水系に出掛けた。
b0106061_18415349.jpg
静まりかえる川面を眺めライズが始まるのをじっと待つ
今回同行のMっち君。冷たい川に入りライズを待つ私達に
Mっち君の知り合いからボコボコライズが有ると連絡が入る
節操の無い私達は、そそくさと移動。到着すると雨の様な
ライズリングが広がる。解禁初日ボコボコに広がる。。
ライズ、簡単にシラメと出会えると思ったが、そこは
へっぽこフライマン簡単に釣ることは出来ない。
老眼を駆使してミッジフライを選択してキャストし
メンディングをしフライをドリフトさせライズに
フライを流し込むそんな苦労をして自分のフライに
モワッと波紋を残しフライを咥える。
そして無事今シーズン初の渓流魚シラメキャッチ。
b0106061_23461821.jpg
放流シラメ、アマゴで有るが感激な瞬間で有る。
シーズン初釣行でシラメを釣ることが出来、昼食カップ麺が
b0106061_23564884.jpg
この上無いご馳走になる。カップ麺もラーメンでは無く
職業柄うどん人な私は、うどんである。
午後からもライズするシラメ、アマゴと日が暮れるまで
対峙をして一日をす過ごす。
b0106061_00053353.jpg
b0106061_00053447.jpg
渓魚達も1週間もすれば一筋縄では行かなくなり難しさを増す。
気難しく賢くなった魚達と向き合い又一喜一憂する事がこの
ライズフィッシングの楽しさである。
無事春の訪れを知らせるシラメと出会い今シーズンの
スタートを迎えることが出来ました。


by kimama028 | 2018-02-03 02:09 | Fly Fishing